第五章 やさしい木

そよ風がこずえをゆらし、木漏れ日がゆれるなか、子リスたちが木の実を抱えて、フロムのあなにやってきました。

「フロムのおじさん、いつまであなのなかでねているの?」そういって、こりすが木の実をさしだしました。

「ホウホウホウ、ありがとう」フロムがあなからはいでてきました。

「最近ねこんでいるようだから、これでも食べて元気をつけて」

「そうか、やさしいんだね」フロムがニコリとわらいました。「やさしいといえば…、ある木のことを思い出すな」

そういって、フロムは「やさしい木」の話を始めました。

     

むかしのことです。フロムの森を見下ろす小高い丘の上に、一本のふしぎな木がはえていました。それはみんなの願いをかなえる、やさしい木です。

雨がザーザーふる日に、一匹のキツネが木の下にやってきていいました。

「雨に降られてビショビショです。どうか雨宿りさせてください」

すると、木は枝を広げて雨をさえぎってくれました。

またある日のこと、木の下にやせ細ったクマがやってきていいました。

「このところエサにありつけず、ひもじい思いをしているんだ。なにか食べさせておくれ」

すると、木は枝をふるわせて大きな木の実をたくさん落としました。おかげで、クマは木の実をたらふく食べて、元気をとりもどすことができました。

      

またある日、今度は足をケガをしたウサギがやってきていいました。 「ワナにかかってケガをしています。どうかこの傷を治してください」 すると、木はかわいそうに思ったのか、樹液の涙を流していいました。

「この樹液を傷口におぬりなさい」

ウサギが樹液を傷口に塗ると、なんとまたたく間に傷が治ったではありませんか!

「ありがとう!」ウサギは木にお礼をいうと、ピョンピョン跳ねて帰って行きました。

またある日のことです。一匹のヤマアラシが木の下にやってきていいました。

「みんなボクから逃げていくんだ。ボクはみんなと友達になりたいのに…。どうか、ボクに友達をください」
すると、木は枝でヤマアラシのハリをはじいて、音楽を奏でました。

ポロロン♪ポロロン♪ポロポロロ?ン♪

妙なる音色が風に乗り、森じゅうに響き渡りました。すると、その音色につられて、森からたくさんの動物たちが集まってきました。

ポロロン♪ポロロン♪ポロポロロ?ン♪

その調べはみんなの心をうきうきさせました。やがて、ヤマアラシの奏でる曲にのって、動物たちが踊り始めました。

ヤマアラシもうきうきして、踊りながら演奏しました。そして、ヤマアラシは、みんなの人気者になったのでした。

 またある日のこと、木の下に一羽のフクロウがやって来ていいました。

「ホウホウホウ、わしが今まで住んでいた木に雷が落ちて、燃えてしまったんだ。どうか、わしに住みかをあたえてくれぬだろうか?」

すると、やさしい木の幹にポッカリとあながあきました。

「どうぞ、ここにお住まいなさい」やさしい木がいいました。

そして、このあながフクロウの住み家になったのです。

「あれ?もしかして、そのフクロウっておじさんのこと?」子リスがたずねました。

「ホウホウホウ」フロムがうなずきました。

「じゃあ、この木が…?」

「ホウホウホウ」フロムが目をとじました。

「ねぇ、すみごこちはどうなの?」

「ホウホウホウ、そりゃ良いに決まってるだろう。雨風をしのげるのはもちろん。暑い日は涼しく、寒い日は暖かい。それに…」フロムがかた目をつむりました。「なんといっても、大家がどんな願いもきいてくれるしな」

【フロムの豆知識】

木は害虫などから身を守るために「フィトンチッド」という物質を発散しています。
 森林浴で感じる樹木の香りのもとが「フィトンチッド」です。抗菌・防虫・消臭など、さまざまの効果があり、人間には有益ですが、なかには「うるし」のように有害なものもあります。「うるし」は漆の木からとれる樹液を加工したものですが、木の樹液からは「松ヤニ」や「ゴム」のように人間の生活に役立つものや、「メープルシロップ」のように食料品もとれます。